オーダー生地紹介 2014秋冬エルメネジルド・ゼニア編

こんばんわ。竜王店のi野です。

いやぁ~しかしすごいですね!!!

錦織選手!!

日本人どころかアジア人初の快挙だそうです。

そして明日決勝!!!勝っても負けてもベストを尽くしてほしいです。

こう頑張っている人を見るとガッツをもらいますね♪

しかし4時間の激闘を連戦でしているのは本当にすごい・・・

私も無駄に栄養ドリンクばかり飲んでないで頑張らなければ(笑)

昔、笑うセールスマンでそんな回があったような気がします・・・σ(^_^;)

さて今回のオーダー生地紹介はエルメネジルド・ゼニアから

トロフェオと15milmil15の紹介です。


イタリアの生地と言えばエルメネジルド・ゼニアが有名です。

そんなゼニアと言っても生地の種類は多種ありますが今回は

まずその中でも「トロフェオ」をご紹介します。



トロフェオとはゼニア社主催のスーツの原料である

ウール=羊毛の品質コンテストで優勝したものから

更に選りすぐりのウールを使用して作った生地なのです。

イタリア語でトロフィーのことをトロフェオと言うのです。



まずトロフェオの生地の特徴としては何と言っても

この「光沢感」であります。ウールの光沢感は化繊で出す

人工的な光沢感とひと味もふた味も違う高級感があります。

もちろん何より「さわり心地」「着心地」がぜ~んぜん違うのであります。

ブラウンのストライプも味があって素敵ですよね!

パープルという色目は気品が上がる色目でもあります。

日本でも歴史的にパープルは冠位で最高位の色でもあり

高貴な印象になります。

第一印象も良く、勝負服としてはとても良い色目なのです。



もちろん今年の一押しチェック柄もございます。

ブラウンのチェックなんかは本当におしゃれ感が

抜群に上がるのでおすすめです。



お次に15milmil15でございます。

まずこれで「クインディッジミルミルクインディッジ」と

読むのであります。何だか噛みそうな名前でありますが

実はこの生地がゼニアの最高峰の生地なのであります。

15milというのは「15ミクロン」の意味でしてウールの原毛の

太さのことなのであります。

よくブランドスーツなどの袖タグに「super○○」という表記を使っていますが

そちらも原毛の太さを指していますがこれに例えると

super170’sという表記相当となります。

まず既製服では出回っていないかと思われます。



クインディッジのネイビーシャドーです。

もう照り感がMAXなのであります。

羊毛ですがカシミアと同等の肌触りなのでございます。



この色目の良さと何よりこのぬめり感ある

独特の風合い。まさにエグゼクティブ仕様なのであります。

「ここぞ!」という日にはこのクインディッジで是非ビシッとキメていただきたいです♪

この生地感は是非店頭でご確認していただきたいと思います。

竜王店でお待ちしております。

広告

オーダー生地紹介 2014秋冬エルメネジルド・ゼニア編」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中